食に携わるスキル|パンは教室で習うのがミソ|プロを目指して

パンは教室で習うのがミソ|プロを目指して

コック

食に携わるスキル

調理

様々な経歴が活きる

食に関する幅広い知識やセンスが求められる職の1つにフードコーディネーターがあり、学ぶ内容も、情報の収集量も増大です。コーディネーターの資格を取得するだけではなく、調理師や栄養士などの総合食を組合せた勉強を行うケースが増えています。最も大きな役割は、食に関する興味を深めさせる専門的な内容です。例えば、食品開発に携わったり、料理番組に携わる場合もフィールドは異なるものの、その役割は同じです。興味を惹き付けるために学ぶ方が多いのが、どの分野やフィールドでも応用できる写真撮影の知識やテーブルセッティングなどです。またフリーランスとして活動するフードコーディネーターは近年では増加傾向で、積極的に人脈を築くための営業の経歴を持つ方が活躍するケースも増えています。

試験や実績もポイント

フードコーディネーターとして食や食文化についての探究心は必須となるスキルです。日本食ブームのみならず、近年では異国の食にも関心が高まっているため、グローバルな情報や知識は必須です。飲食店や食品メーカーなどでは商品開発やメニュー作りなどを担うものの、企画や販促などにも関わるケースもあります。フードコーディネーターは、一歩先の流行やトレンドを分析するなど、企業に務める場合にはマネジメントスキルを必要とする場合もあり、注意点の1つです。免許は必須ではないものの、協会が主催する検定試験も提案され、一般的には検定試験を受け、サービス・マスコミ・流通などの専門分野に役立てます。しかし、アシスタントとして経験を積むことを教育法とするパターンもあり、プロとして活躍する人の多くが未経験からの実績を積むことを挙げています。