コーヒーの専門職|パンは教室で習うのがミソ|プロを目指して

パンは教室で習うのがミソ|プロを目指して

コック

コーヒーの専門職

コーヒー

コーヒーを淹れる人のことをバリスタと呼びますが、ノンアルコールの飲料を入れる人のことを指します。イタリア発祥でコーヒーのスペシャリストを指すことが多いのでこう呼ばれます。特にイタリアでコーヒーと呼ぶとエスプレッソを指すため基本中の基本とされます。このバリスタという職業には国家資格が存在しないため、名乗ろうと思えば誰でも名乗ることが可能です。開店しようと思えばすぐにできますが、民間資格でもあればお客から信頼されることになるので、お店を開く前に取得しておいた方が良いでしょう。バリスタになるための資格は幾つかありますが、代表的なものは日本スペシャルティコーヒー協会が主催する講座を修了するか、日本バリスタ協会の座学を修了するかの2つです。

バリスタの民間資格は、特に条件はないのでコーヒー店で経験があり、抽出経験を持っているのであればすぐにでも受けられます。資格取得にはそれぞれが主催するものを修了することが条件ですが、それぞれにステップアップしてレベルを上げることも可能です。日本スペシャルティコーヒー協会ではコーヒーマイスターの認定から、ステップアップしてコーヒーマイスター中級資格というのもあります。また、日本バリスタ協会ではレベル1からスタートしてレベル2、レベル3、インストラクターと段階的な試験が用意されています。そのため、座学だけでなく実技試験も合わせて行うことから、上に行くほど専門的な知識や技術力を持っていることを証明することになります。最初の方は誰にでもできるのですが、上に行くには知識だけでなく自己研鑽によって技術を高める必要があるので相当難しいものとされています。