パンは教室で習うのがミソ|プロを目指して

女性

食に携わるスキル

調理

食に関する様々な知識をフルに利用できる専門職が、フードコーディネーターです。調理や盛り付けなどから、食品を開発したりメニューを作るなど、その活躍は多岐にわたります。専門家として、常に情報を収集したり勉強することが求められるのも特徴です。

Read More...

コーヒーの専門職

コーヒー

コーヒーのスペシャリストと言われるバリスタは、国家資格がないため誰でも名乗ることができますが、お客を安心させるためには民間資格を取得しておくと良いでしょう。それなりの経験があれば取得は難しくありませんが、段階的にステップアップしていく資格は難しくなるので自己研鑽を怠らないようにしなければいけません。

Read More...

スキルを身に付けよう

パン

料理を学ぼう

食の多様化が進む中で、料理教室も大きく進化を遂げています。和洋中はもちろんのこと、エスニックを始めとする各国料理だけではなく、健康志向の高まりを受けた低糖質料理教室なども開講されています。近年、生徒のニーズに合わせて細分化されているという傾向がみられます。ケーキやお菓子、パンについても同様です。レベルに合わせた教室開講だけではなく、シュガークラフトや飴細工、フルーツカッティングなど”見せるための教室”も身近になりました。さて、数ある料理教室の中でも、様々なベクトルから学ぶことができるパン教室は、不動の人気を誇っています。ホームベーカリーが安価になり身近になったことや、パン食の定着によりこだわりを持つ人が増えたこともその要因の一つでしょう。

体験に参加してみよう

大手料理教室では、体験講座を頻繁に開催しています。レベル別に初級から上級まで分かれている場合もあるので、1クール終わった後次のレベルの教室に参加する人も多いようです。また、飾りパンや工芸パンの教室もあります。このようなパンは食べるためのパンとはまた違う視点で楽しむことができるので、もし体験があれば参加してみるとよいでしょう。その他にも、個人でパン教室を開催している人もいます。最近ではインスタグラムやフェイスブックなどのSNSで告知をしているケースも増えました。気軽に参加できるので、人気が高まっています。家で焼き立てのパンを食べるようになれば、買ってきたパンでは物足りなくなる人が多いようです。家庭の食卓をさらに豊かにするために挑戦してみるのも良いでしょう。

コーヒーの専門

女性

コーヒーの専門知識を持つバリスタは、スクールに通うことで勉強できます。休日に通えるスクールもあります。専門性の高いスクールでは、バリスタの知識の他に、カフェなどの開業や運営についても学べます。数年修業をし、大会を目指す人もいます。

Read More...